スマホ 格安SIM アプリ

アプリとOSの関係

格安SIMでもキャリアでも、AndroidならGooglePlayからアプリをダウンロードして使用できます。iOSはAppleのAppStoreからダウンロードします。

 

端末1つにつき内蔵されているOSは1つだけで、アプリにもどちらか片方ずつのバージョンしか配信されていないものもあります。
話題にあがるアプリの多くはiOS版の確率が高いです。規格が同一でスマホケースなどの付属品が大量に出るiPhoneは、若者の所持率が高いのでしょう。

 

製作元が新しいアプリを作ると、まずはそれぞれAppleやGoogleの審査を受けます。この審査なのでずが、Appleの方がより厳しいとされています。
ですから、同時リリースでもiPhoneが遅くなることがあります。

 

反対にAndroidは、審査がそこまで厳しくないためAppStoreよりも数の多いアプリがあります。
数が多いので、悪質なアプリも多く存在しているのはGooglePlayです。

 

公式のアプリに似せた名前やアイコンでインストールさせようとするアプリもあります。
見極めるには、レビューを読んだりネットで調べると出てくるアプリの情報を参考にしてください。

 

これらを検知するために、セキュリティアプリは入れておくべきです。

 

 

不具合が起きたとき、アプリのレビュー欄に書く人もいますが、他の人のコメントを見て運営側から返信があるか確認してください。
無いようなら、アプリのお問い合わせや質問欄を利用した方が提供元に対応してもらえるようです。
また、ここで表示されている名前は、Googleアカウントに登録した名前なので、ほとんどの人はローマ字表記で表示されています。こちらは不具合ではありません。。

 

AndroidからiPhoneに機種変更する際も、アプリごとに引継ぎコードを発行して新しい端末にインストールして呼び込みます。
AndroidだとGoogleに同期して、機種変更を簡単に行う方法をとっているアプリもありますが、iPhoneでもGmailは利用できるため、Googleアカウントで同期できます。

 

またOSが変わってしまう機種変更では、ゲームアプリの有料アイテムの引継ぎはできません。
それまでに獲得したアイテムやレベル、ランクなどは引き継げますが、コンテニュー(回復)アイテム、ガチャを引くためのアイテムなどの引継ぎはできないものが多いです。
今所持しているのが、無料配布アイテムなのか自分で買ったアイテムなのか確認し、消費してから機種変更するようにしましょう。
そのまま変更してしまっても、消えてしまった有料分のデータが復元されることはありません。

 

ラインもそのままでは折角購入したスタンプやトークの履歴が引き継げないので設定をしましょう。
しないと新規登録になってしまって以前使っていたアカウントは使えなくなります。

 

 

データを同期する際に、パソコンを使う時はデータを送るためのケーブルを使います。
充電用の物とは別物ですのでご注意ください。