スマホ トラブル 画面 ヒビ

スマホのトラブル

水没よりもありがちなのが、画面が割れてしまうトラブル。

 

スマホの画面はガラス製なので、落としてしまえば割れる可能性が高いです。

 

画面のヒビ割れを防ぐのに一番いい方法は、ケースをつけることです。手帳型ケースは開くのが手間になりますが画面割れを防ぐには有効ですね。
しかし、前記したようにケースを使うと熱処理の問題が生じます。ですから、端末の縁にはめるタイプのフレーム型のケースが良いでしょう。
よく透明なケースも売っていますが、これも端末の縁が盛り上がってはめ込む形になっているため、フレーム型と保護の仕方は一緒です。

 

画面を下にして置いても画面が直接地面につかないため、落とした時に傷つきにくくなっています。
ですが、やはりデコボコしたコンクリートや砂利道で落としてしまうと当たり所が悪いとわれてしまいます。

 

公式から出ている手帳型ケースなら、熱処理も考慮されていたり、開かなくても時計がみえるように工夫されています。

 

画面保護フィルムも有効です。
最近、日本製の修復機能を持った保護フィルムが話題となっています。

 

2層のフィルムになっていて、画面が割れると1層のフィルムがだんだん固まってヒビに密着し目立たなくなります!
もちろん完全に直ったりヒビがなかったことになるわけではないのですが、バリバリに割れて捜査できなくなったスマホも、この保護フィルムで復活したそうです。
人間に貼る絆創膏のような役割をしてくれています。

 

修復機能がない保護フィルムであっても貼っておくと、画面が割れた時にガラスが飛び散るのを防いだり、指を怪我してしまうのを防いでくれます。
指紋がつきにくくなる、指通りが良くなって操作しやすなるといったメリットもあるため、保護フィルムの使用はおすすめです。

 

端末を購入する時と同じタイミングで買っておけば開封直後の綺麗な状態のまま貼り付けられるのでいいですね。

 

SIMフリーのスマホだと、元からセットになって売っているものもあるので内容品を確認してから購入しましょう。

 

iPhoneのように背面もガラス製のスマホには、背面にも保護フィルムを付けた方がよいですね。

 

端末によって画面のサイズやカメラやスピーカーの穴の位置が異なるため、その端末専用のものを探しましょう。