格安SIM バックアップ Android

データをバックアップする必要性

スマホなど携帯電話の利用が初めてでない方は、おそらく何度か機種変更をした経験があるでしょう。
その時、以前の携帯電話に入っていたデータが新しい携帯にも移行されていたと思います。

 

ガラケーからスマホにした方も、スマホを新機種に変えた方も同様です。

 

データをバックアップするのは、新しい機種に、今までのデータを持っていくためです。

 

データとは、撮影した写真・動画だけではなく、電話帳に入っている家族や友達の電話番号・メールアドレスのことも指します。
他にも、ブラウザで保存したブックマーク、お気に入り、画面メモ。
さらにスマホのアプリのゲームなどの獲得物や成績、SNSへの投稿ややりとりも含まれます。

 

バックアップをとって移行しなければ、これらのデータは最悪の場合、消えてしまいます。

自動バックアップのオンオフ

通信容量や、バッテリーの消費を抑える方法に、「自動バックアップの設定をオフにする」という項目を挙げました。

 

バックアップは実行すると通信容量やバッテリーを消費しますが、常時全てをバックアップしておく必要はありません。

 

自動をオフにすると通信容量などの消費を抑える以外に、必要なものだけ選んでバックアップできるというメリットがあります。
スマホのデータは、意外に必要ないものが多いのです。
過去にどこかのサイトからダウンロードしたPDFデータや、電子書籍や音楽・動画のストリーミングサンプルデータなどは、どこに保存されているか分からないので削除できない必要ないデータになります。

 

こういったデータは、フォルダに振り分けられており、バックアップは自動手動問わずフォルダごとに選択して実行できます。

バックアップのやり方

SIMフリー機種は、ほとんどAndroidなのでここではAndroidのバックアップについて説明しましょう。

 

Androidでバックアップをとる方法は主に3つです。

 

バックアップアプリを使う

 

バックアップアプリは、GooglePlayからインストールして利用します。
MVNOによってはサポートでセキュリティアプリに組み込まれているので、そちらをご利用ください。

 

SDカードにバックアップする

 

SDカードに充分な空き容量があることを確認してください。
設定からSDカードのメニューを開き、バックアップを選択、実行します。

 

SDカードは差し替えるだけで復元できるので、とても簡単です。

 

Googleアカウントから同期する

 

アドレス帳、画像などこちらは個別で設定します。

 

Androidのアドレス帳の保存場所は、本体かGmailのどちらかで選択できます。
アドレス帳の設定から、保存場所を変更し、GoogleアカウントのGmailに同期すれば、新しい機種でもログインすれば電話帳が同期されます。

 

Googleで画像をバックアップするには、「Googleフォト」を使用します。
Androidなら初めからインストールされている画像管理アプリです。本体やSDカードと同じようにフォルダが分かれて保存されます。
設定から変更するか、アルバムを開いて上部に表示される雲のようなマークをタップします。
こちらもWi-Fi環境でのみバックアップできるように設定を変更できます。

 

Googleアカウントを介すメリットとしては、スマホでもタブレットでも、パソコンでも機種を選ばずアカウントにログインすれば保存や確認ができる点です。
また、ブラウザ上に保存するので複数台持ちをしているスマホの画像データを同期するのも簡単です。

 

または直接パソコンに繋いで全てのデータをコピーするという方法もあります。
SDカードのバックアップと同じ感覚で、代わりにパソコンを使います。

格安SIMにはバックアップが重要!

格安SIMは、キャリアと比べてサポートが劣っていますが、好きなタイミングで機種変更や乗り換えができるというメリットもあります。

 

ですから、突然の故障や機種変更に対応できるようにバックアップをとっておくことをおすすめします。

 

サポートがないと、データの復元などの一切を自分で行うことになるため、後で一括でやろうとすると長い時間がかかってしまいます。

 

また、スマホは容量が増えると動作が重たくなるため、本体の容量はなるべく空けておいた方が良いです。
SDカードは足りなくなれば容量が大きなものと交換するか、保存するものに応じて複数枚使うという方法がとれます。SDカードを活用してスマホを楽に使えるようにしましょう。