格安SIMで出来ないこと

格安スマホで出来ないこと

格安SIMはキャリアと同じ回線なので、キャリアと同じ通信環境でのご利用となります。

 

しかし、できることが全て同じという訳ではありません。

 

キャリアメールが出来ない

注目してほしいのはキャリアメールという点です。
キャリアメールとは、アドレスに「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」とキャリアの名前が入っているメールです。
格安SIMは、キャリアではなくMVNOと契約するため、キャリアのアドレスが取得できないのでキャリアメールが出来なくなります。

 

代わりにGoogleのGmailなどのフリーメールを使います。
Androidの方は、アプリを取るためにGoogleplayを利用するので、本体購入時にGoogleのアカウントとアドレスを取得しているので、これを使いましょう。
Gmailのアドレスは1人で複数持つことが可能なので、アプリ管理用のアドレス、家族や知人連絡用アドレス、メールマガジンや通知用のアドレスと分けて使うのもいいでしょう。

 

また、こちらのBIGLOBEでは「BIGLOBEメール」という独自のフリーメールを提供しており、ブラウザからログインして簡単に利用できるためおすすめです。

 

キャリア決済が出来ない

キャリア決済とは「コンテンツ決済サービス」、「auかんたん決済」、「ソフトバンクまとめて支払い」のことです。
格安SIMでは、電子書籍サイトなどの有料コンテンツにある、携帯料金とコンテンツ利用料をまとめて支払いする方法がとれません。
キャリア決済は、キャリアのアカウントにログインして決済情報を同期して支払い手続きを済ませるので、キャリアアカウントのない格安SIMではできません。

 

有料コンテンツは、店頭でiTunesカード・GooglePlayギフトカードを買うか、クレジットカードで払うか、コンビニ等でのお支払いになります。

 

LINEアプリのID検索ができない

ID検索は、キャリアを介して年齢確認をしないと使えません。
キャリアと契約していないので年齢確認ができないため、ID検索ができません。

 

格安SIMでLINEの友達登録をしたい時は、QRコード、ふるふるを利用しましょう。

まとめ

キャリアを介していたことは、格安SIMでは軒並みできなくなりますが、基本的には代わりのやり方があるので特別困ることはありません。

 

LINEの年齢確認など、引継ぎできるものは、キャリアをスマホを使っているうちに済ませたほうがいいでしょう。