格安SIM 支払い

格安SIMの支払い方法

大手携帯会社の支払い方法は、各キャリアアカウントから口座振替、クレジットカードからの引き落とし、インターネットバンキングが間接的なものになります。

 

もしくは、請求書をコンビニ各店に持ち込んで支払うか、各携帯ショップでのお支払いとなります。

 

一方格安SIMの支払い方法は、クレジットカードが主です。

 

その理由は、より確実に支払いができることと、コスト削減にあります。

 

キャリアのような請求書の郵送がないので、コンビニなどで直接お金を支払う方法はありません。

 

また、MVNOからメールで送られてくるか、MVNOのマイページにログインして自分で利用状況を確認しないと、毎月の支払額がわかりません。

 

ですが、格安SIMのプランの料金、サポートを受けているならサポート料金と、毎月決まっているので問題はないでしょう。

 

格安SIMはキャリア決済が利用できないので、MVNOに支払う金額は、原則スマホ端末の金額とその利用料のみになります。

 

一部口座振替に対応しておりクレジットカードがなくても利用できる格安SIMもありますが、手数料がかかる上に、毎月のことですからクレジットカードからのお支払いをおすすめします。

口座振替対応のMVNO

ここのサイトで紹介してるMVNOだと、口座振替に対応しているものは3つです。
クレジットカードを持っていなくても利用できます。

 

OCN モバイルONE

OCNで口座振替に対応しているのは、データSIMと音声通話SIMの両方です。
ただし、SIMと端末のセットで購入している場合、端末の費用が分割支払いになるためクレジットカードのみの支払いになりますのでご注意ください。

 

カスタマーズフロントに電話し、後日振替用紙が送られてきます。数日かかりますが、口座振替による支払いが可能になります。

 

BIGLOBE LTE・3G

BIGLOBEは、データSIMのみ口座振替対応ですが、毎月支払いの度に手数料200円がかかります。
BIGLOBEでインターネット回線の契約をしていると、この支払いと合算できます。

 

Nifmo

Nifmoの口座振替は毎月支払いの度に、管理費200円がかかります。
KDDIとインターネット回線の契約をしていると、支払いが合算できKDDIからの請求でお支払いができます。