ソフトバンク 格安SIM

MVNOはソフトバンクを電波を借りていない

MVNOが借りている回線というと、ドコモの電波がほとんどです。
ドコモは携帯会社大手3社の中で最もシェア率が高く、利用者が多いので、MVNOもドコモの回線を借りた方が利用者が増えると考えたのでしょう。
auは今のところ2社での取り扱いとなりますが、ドコモに比べると利用者が多くないため通信速度はドコモ回線のMVNOより速いというメリットがあります。

 

ドコモ回線のMVNOは、ドコモのスマホならSIMロックを解除しなくてもそのまま使えます。
auも同じく、au回線のMVNOでSIMロック解除をせずに使うことができます。

 

実は、ソフトバンクでもMVNO事業に対する取り組みの話が持ち上がったことがありました。
ですが一時的なものでそれからの進展は全くありません。

 

よくYモバイルはソフトバンクのMVNOなのではないかと意見を見かけますが、あくまでソフトバンクのグループ会社でありYモバイルは自社回線で通信行っているため格安SIMを取り扱っていてもMVNOとは言えません。

ソフトバンクのスマホを安く使うには

では、ソフトバンクのスマホでは格安SIMを使用することはできないのでしょうか?

 

もちろんそんなことはありません。
ソフトバンクでも他社と同じようにiPhoneを取り扱っていますし、他の機種もSIMロックを解除すれば格安SIMで安く使うことができるようになります。

 

今のスマホのまま安く使う」こちらのページでSIMロック解除の方法について紹介していますのでご覧ください。

 

また、SIMゲタと呼ばれるSIMロック解除アダプターがあります。SIMのサイズ変更にもアダプターを使用しますが、このアダプターをSIMにはめると、キャリアが制限したSIMロックが解除できます。

 

ただし正規の方法ではないため、SIMゲタが原因で故障しても保証をうけることはできません。
また、SIMゲタを使ったからといって必ずしもロックが解除されるわけではないようです。
OSのアップデートができなくなるなど不便な点もでてきます。

 

反対に、SIMロックの解除をソフトバンクに依頼したり、業者に頼むよりもSIMゲタを使ったほうが遥かに安いというメリットがあります。

 

サイズ変更用のアダプターとは違い、SIMロック解除アダプターには金属性の基盤をついています。
SIMカードを載せて使うという点はかわりませんが、この基盤の部分にロックを無効化するシステムが入っているようです。
インターネット通販のサイトで見るとよくわかるのですが、純正品・正規品と明記されているものがあります。
つまり正規品でないものも市場に出回っています。レビューを確認すると正規品かそうでないが分かるので、ネットでの購入を考えている方は、しっかりチェックしてから購入しましょう。