格安SIM 初期設定

設定は全て自分で行う

キャリアでスマホを買う際は、初期設定、データの移行などの作業は全てお店側で行ってくれますが、格安SIMは店舗がないためこういった設定などを自分で行う必要があります。

 

家電量販店で購入、あるいは公式サイトからネット通販で購入した格安SIMが手元に届き、SIMを入れて使うAndroidの白ロムも用意された状態だとします。

 

SIMカードをスマホに入れる

防水のスマホだと、背面のカバー、バッテリーカバーを外すとSIMを入れる場所が出てきます。
または側面に、爪をひっかかけて蓋を外す部分があります。機種によって違うので、取り扱い説明書やスマホのメーカーのサイトなどで確認しましょう。
こちらはSIMを直に差し込むタイプです。

 

iPhoneなどは、付属している専用の金具を側面の穴に差し込むと、SIMを入れるカートリッジが出てくるので、カートリッジにSIMはめてからスマホに戻します。
金具を失くしてしまったら、ゼムクリップや安全ピンなどの細くてとがった物で代用できます。

 

SIMカードを、カード型の台紙から外します。この時、金属の基盤部分に触れないように注意してください。
硬い素材なので、手で推し出せない場合はハサミなどを使って丁寧に外しましょう。
SIMカードがとれたら、スマホに入れます。
うまく入らない時は表裏や向きを間違っている可能性があるので、確認しながら入れましょう。

 

蓋がきちんとしまったらスマホ電源を入れます。

 

microSDなどのメモリーカードも同じ方法で出し入れします。
SIMが背面カバーを外して入れるタイプなら、ここでメモリーカードも一緒に入れることをお勧めします。

 

APN設定をする

電源を入れても、そのままではデータ通信ができません。圏外のような状態になっています。
APN設定をして、回線に繋がるようにします。APN設定についての説明はこちら。

 

ホーム画面からの「設定」アイコンをタップ

データ使用

その他の設定

ネットワーク設定

モバイルネットワーク

モバイルデータ通信にチェックを入れる

ネットワークモードを設定し「アクセスポイント名」からAPN設定

「新しいAPN」をタップして新規作成画面を開く

SIMの台紙、説明書、MVNOの公式サイトに載っている「APN、ユーザー名、パスワード」などを入力

保存

 

これで、LTEか3Gにつながるようになります。
スマホの画面の上にアンテナとNTTDoCoMoなどのキャリア名が表示されたら、回線とつながったということです。
APN、ユーザー名などは、必ず説明書などに載っているので確認しましょう。

 

Googleアカウントを作成

ウェブにつながるようになったら、Googleアカウントを作成します。
Androidは、アプリをGooglePlayから取得するので、必ずアカウントを作りましょう。
機種変更で格安SIMにした方は、以前の端末で使っていたGoogleアカウントにログインすれば作業完了です。

 

また、格安SIMにはキャリアメールがないためGoogleの提供するGmailなどのフリーメールを使用します。
Gmailを使用するにもGoogleアカウントの作成は必須です。

 

自分の氏名、ユーザー名、パスワードを設定します。
最初のGmailのアドレスは「ユーザー名@gmail.com」になります。

 

アカウント作成を進めていくと、バックアップ設定の画面が出てきます。
次回の機種変更時や、万が一スマホからデータが飛んだ時にバックアップを取っておくとデータを呼び戻せるので、使う項目にはチェックを入れておきましょう。

 

初期設定完了!

これで格安SIMでスマホが使えるようになりました。

 

格安SIMを1GB以下の低容量プランで契約し、普段はWi−Fiで使おうと考えている方は、このあとすぐWi−Fiと同期しましょう。
設定からWi−Fiをオンにして、Wi−Fiスポットを検索・選択し接続します。
最初のアプリのダウンロードは、特に容量を必要とするので、先にWi−Fi設定を行うことをお勧めします。

 

あとはアプリをダウンロードしたり、ブラウザで好きなサイトを見たり好きなようにスマホを使いましょう!

 

 

この時点で、元々スマホに入っているアプリやウィジェットで絶対に使わないものがあれば、アンインストールしておくと容量が節約できます。