格安SIMに変えるタイミング

変更のタイミング

格安SIMに変更するタイミングは、現在お使いのスマホやガラケーに変更した日からどれくらい時間がたっているかで変わってきます。

 

機種変だけでなく、キャリアを乗り換えている場合は、乗り換えした日からどれくらいたっているかに準じます。
キャリアを乗り換えている方は、その際にMNPをしたかを確認しましょう。

 

MNPとは、「モバイルナンバーポータビリティ」の略称です。
キャリアが変わっても、携帯の電話番号は変えずに番号ごと移行できるサービスのことです。
つまり、キャリアを乗り換えた時、電話番号が変更されていなければMNPをしたということになります。

 

変更日からの時間ですが、ここで重要になってくるのはキャリアのスマホには契約期間があるという点です。
契約期間が2年であることから一般には「2年縛り」と呼ばれています。
変更月(契約月)から2年経過しないうちに解約すると、キャリアに違約金を支払わなければなりません。

 

また、この2年というのも経過すると通知がくるということもなく、そのままにしておくと自動更新されてしまうのです。
この時更新される前の1ヶ月程度の間(満了月の翌月・翌々月)に機種変更なり乗り換えなりをしないと、次に無料で変更できるタイミングは更に2年先になってしまいます。

 

これらのことを踏まえて、格安SIMに変更するベストタイミングは機種変更・MNPから2年経過後となります。

 

少なくとも1年は経っていないと、違約金分の出費で安さを実感できないでしょう。
1年半程度経過していれば、多少は元が取れるようになります。
最適なのは2年ちょうどのタイミングですが、端末料金の支払いは終わっているため2年経過後なら最低限の出費でキャリアを解約し格安SIMに変更できます。

 

以前の機種変更月や契約月がわからないという方は、キャリアのマイページなどから次回更新日が何日後なのかを調べて確認できます。

キャリアの違約金について

キャリアの違約金、(契約解除金)は2年経過前ならどのキャリアでも9500円です。
ドコモとauでしたらプランによって3000円のものがあります。キャリアにご確認ください。

 

この他、違うキャリアにMNPするなら転出料2000円が必要になります。

 

また、機種変更の際に端末料金を分割払いにしていると、解約の際に残った分の端末の価格も払うことになります。
ですから違約金は高額になりがちです。

 

また、これは格安SIMも同様ですが、移転先では契約・初期手数料などで3000円かかります。

 

 

 

格安SIMには、契約期間がないものがあります。
どのタイミングで解約しても違約金が発生しないので、好きなタイミングで機種変更や乗り換えができるのが格安SIMのメリットです。