格安SIM 買い方

格安SIMの売られ方

シム買い方

 

格安SIMは、「SIMカードのみ」か、「SIMカード+端末セット」のどちらかで販売されています。

 

SIMカードのみなら、自分で端末を用意する必要があります。

 

家族のお下がりや、自分が使っていたスマホなど、これから安く使いたいスマホが既に手元にある場合です。

 

または、ネットオークションや中古の携帯ショップなどでSIMカードが抜かれた状態で売られている白ロムを買う場合はSIMのみを購入します。

 

SIM購入前に各MVNOのサイトで対応機種かどうかをきちんと確認しましょう!

 

端末セットは名前の通り、SIMカードと新しいスマホのセットになります。

 

スマホが手元にない場合はこちらを買うと楽です。

格安SIMが買える場所

格安SIMは、専門店よりもインターネットで販売されていることがほとんどです。

 

MVNOには専門店を設けていない企業が多く、ネット販売以外では、一部のSIMは家電量販店、大型スーパー、コンビニなどで購入できます。

 

格安SIMが格安で提供される理由の一つに、実店舗を作らないことでコストを削減しているというものがあるからです。

 

 

また、インターネットでの申し込み以外に、電話で申し込んで購入できるものもあります。

 

一部では専門店で販売している格安SIMもありますが、ほとんどが都心に出店しており展開数は多くありません。

 

 

SIMフリーの機種は、各MVNO以外でも、Amazonなどの通販サイトで取り扱いがあると、公式サイトより安く手に入る場合があります。

 

ただし、MVNOだけの限定カラーや、申し込み時に同時に加入しないと受けられないオプションサービスがあるのでよく検討したうえで購入しましょう。

格安SIMに申し込む

それでは買い方ですが、ネット購入か、店頭購入のどちらかが基本です。

 

ネットを利用

 

MVNOのサイトから、「SIMの申し込み」などのページを開きます。

 

MVNOへの会員登録が必要になるため、個人情報、パスワードなどの入力。

 

データSIMと音声通話SIMどちらか、データSIMならSMSオプションの有無、データ通信容量、SIMカードのサイズを指定します。

 

月額支払い用のクレジットカードの登録などを行います。

 

申し込みが完了すると、通常1週間〜10日ほどで、SIMカードが郵送されてきます。

 

また、一部はMVNO公式サイトではなく、Amazonなどの通販サイトでも取り扱いがあります。
本体の値段や送料、到着までの時間に差があるかもしれないので、確認してから好きなところで購入しましょう。

 

 

店頭を利用

 

店頭購入には、ビックカメラが出しているBICSIMのような直接販売されているSIMと、家電量販店で売っているけれど委託販売のbiglobeやmineo、OCNなどがあります。

 

直接販売は、その場で契約までできるため基本は即日開通します。

 

委託販売のものは、店でパッケージを購入してからMVNOに会員登録します。

 

申し込みが店頭で、後日自宅にSIMが届くケースもあります。

 

店頭購入でも、その日から使えるとは限らないので注意してください。

 

 

格安SIMにかかる費用

格安SIMを購入すると、基本3千円程度の初期費用がかかります。

 

これには契約料などが含まれますが、初期費用としてなので、払うのは一度だけであとはずっと月額分だけのお支払いになります。

 

時期によりますが初期費用割引や、無料キャンペーンを行っているMVNOもあります。

 

 

また、初月無料キャンペーンを行っているMVNOもあります。

 

これは契約の翌月から月額の利用料を払うことになりますが、初月無料でも初期費用は別途かかりますのご注意ください。

 

初月無料キャンペーンを行っているところと契約するなら、なるべく契約開始を月初めにするとその分長く無料で使えるのでお得になりますね。

 

MVNOは頻繁に、キャンペーン割引を行いますので、こまめに公式サイトをチェックするといいでしょう。