格安SIM Wi-Fi

Wi-Fiを利用するには

通信量のプランで月額が決まる格安SIMは

Wi-Fiを利用すると更にお得に使えます!

わいふぁい

 

外出先でWi-Fiを利用するには、主にWi-Fiスポットから接続します。

 

Wi-Fiスポットにはいくつかありますが、お店の入口や駅の通路など目につくところにWi−Fiのステッカーが貼ってあるのですぐわかります。

 

それらはMVNOがプロバイダーと提携していると利用できます。

 

 

ソフトバンクが提供するソフトバンクWi-Fiスポット、BBモバイルポイント

 

ドコモの提供するドコモWi-Fi

 

NTT-BPの提供するSecured Wi-Fi

 

NTT MEDIASが店舗向けに展開しているDO SPOT

 

auの提供するau Wi-Fi SPOT

 

他にもスターバックスなどの飲食店や、ローソンなどのコンビニ各店舗がWi-Fiを提供しています。

 

 

 

おすすめ格安SIMで利用できるWi-Fiスポット

おすすめ格安SIMで利用できるWi-Fiスポットはこちらです。

 

ソフトバンクが提供するBBモバイルポイント

 

NTT-BPの提供するSecured Wi-Fi

 

NTT MEDIASが店舗向けに展開しているDO SPOT

 

 

DMMモバイルONE以外全て無料(追加料金なし)で利用可能です。

 

DMMはWi-Fiを使うことが出来ません。

 

 

BIC SIMのWi-FiスポットはWi2 300です。

 

NifmoはNifmoコネクトというアプリをインストールする必要があります。

 

 

各スポットによって条件が異なりますので、詳しくは公式サイトを参照してください。

さらにお得に使うために

Wi-Fiを利用すれば、LTEや3Gを使わないことになるので通信量は消費されません。

 

つまり、Wi-Fiとの接続が切れてしまうと、自動的にLTEなどに繋がるため通信量が消費されるようになります。

 

 

Wi-Fiをオンにしていれば優先的に接続されますが、外出先ならWi-Fiスポットから出てしまった時、自宅ならWi-Fiの電波が弱まった時にWi-Fiとの接続が切れることがあります。

 

この時、LTEや3Gといったモバイルデータ通信をオフにしておくと、Wi-Fiのみに繋がるようになるので、通信量が節約できます。

 

さらにデータ通信が必要なアプリの動きを抑えられるため、バッテリー消費も節約できます。

 

 

やりかたは

 

「モバイルデータ通信」をオフにする

設定画面から行います。

 

「機内モード」をオンにする

機内モードは設定画面のほか、電源ボタンの長押で出てくるポップアップ、ホーム画面を下にスワイプして出てくるショートカットで切り替え可能です。

 

のどちらかです

 

ただし、iPhoneのMMSはデータ通信を切るとメッセージの送受信ができなくなるそうなのでご注意ください。

 

 

Wi-Fiのみを使えるようにしておくと、接続が切れても通信量が消費されず、制限なく高速通信が利用できます。

 

Wi-Fi通信のみを使用すれば、格安SIMの料金プランでデータ容量が一番少なく一番料金が安いものでも高速通信の通信制限がかかりません。