スマホ ミドルレンジ ミッドレンジ

ミドルレンジ(ミッドレンジ)って何?

スマホやパソコンなど電子機器類には、ミドルレンジ(ミッドレンジ)モデルとハイエンドモデル、ローエンドモデルがあります。

 

ミッドレンジは、中級、中程度など「中くらい」という意味です。

 

 

ミドルレンジのスマホは、スペックが中くらいなため、比較的安価で安いもので2万円程度で売られています。

 

5万円台はミドルレンジスマホだと高い方です。

 

 

スペックが中くらいと聞くと、マイナスな印象を受けるかもしれませんが、そんなことはまったくありません。

 

例えば、スマホのカメラの画素数です。

 

ガラケーのころから、携帯電話のカメラの画質は、へたなデジカメより画質がいいと常々言われていました。

 

しかし、人間の目でスマホの画面の大きさで写真を見る程度なら、800万画素でも充分な大きさです。

 

綺麗な写真を撮るために重視するべきなのは、画素数よりも、スマホのカメラで取り入られる光の多さ、つまり明るさです。

 

1000万画素を越えると、引き伸ばして印刷して飾りたいという方にとっては良いですが、大きい分容量も大きくなり、データ容量を圧迫することにもなります。

 

画素数自体はそこまで高くなくても良いのです。

 

 

ミドルレンジスマホは、こういった行き過ぎたスペックを抑えることで安く販売できます。

 

また、格安スマホとして、型落ちした前のモデルを出している企業もありますが、これも普段使うには前モデルの機能で充分補えているからという理由があります。