スマホ ソフトケース ハードケース

スマホにはケースを

スマホはガラケーとは違い、画面がむき出しの状態なので外部からの刺激で壊れることがあります。

 

酷いときは画面が割れて基盤がむき出しになり操作できなくなります。

 

スマホのケースには大きく分けて2種類あります。ソフトケースとハードケースで、硬さに違いがあります。

 

ソフトケース

シリコン製で軟らかく、ハードに比べてクッション性があります。

 

伸びて癖がついてしまうこともあります。

 

はめる・はずす動作がハードよりむずかしいかもしれません。

 

シリコンなので滑り止め効果もあり、多少の傾斜なら滑り落ちずに止まっています。

 

密着しますが、すき間にゴミがたまりやすいです。

 

ケースそのものについて傷が目立ちにくいのはソフトケースです。

 

落としてもケースが破損することはまずありません。

 

ハードケース

プラスチック製が多く硬いです。

 

落とした際、ケースも破損する可能性があります。

 

クッション性は低いです。

 

カチッとはめ込むだけなので、はめる・はずす動作は簡単です。やり過ぎると緩む可能性があります。

 

プラスチックなので滑りやすく、布の上などにおくと滑ってしまうことがあります。手からソフトケースよりは滑ります。

 

ケースに傷がつくと目立ちます。プラスチック製ですと過度な熱には弱いです。

 

 

最近ではiPhoneにも色の種類が増えてきたため、本体の色を活かしたいという方にはクリアケースがおすすめです。

 

スマホのケースは本体以上に種類豊富で選ぶのも楽しいですね。機能面で選ぶかデザイン面で選ぶかはもちろん個人の自由です。
一時期はAndroidのケースはほとんど取り扱いがなかったのですが、最近はマルチケースが増えてきました。大まかなサイズがあっていればどの機種でも使えるので、いろいろ見てみてください。