スマホ 手帳 ケース カバー

スマホのケース

スマホのケースのなかで最も好みが分かれると思われるのは手帳型ケースです。

 

メリットはデザインがとても豊富なこと。おそらく数あるスマホケースのなかでも最も数が多いでしょう。

 

また、マルチケースとして販売されているものは手帳型であることが多いです。

 

Androidに比べiPhoneのケースの方が多いのは、端末のサイズ規格が決まっているためです。
Androidは機種も多く、galaxy、XPERIA、AQUOSなど全てサイズが異なるため、それぞれの機種にあったケースは少なくなります。

 

マルチケースは、だいたいの大きさと厚さがあえば使えるケースで、手帳型の場合は、つけ外しが簡単な粘着シートや吸盤などでスマホを固定しています。

 

マルチケースのデメリットは、カメラのレンズを出す穴が開いていないので、撮影時にいちいちスマホを上にスライドさせる必要があることです。
また、はめ込むタイプの機種にあった手帳ケースに比べ、シートの粘着が弱くなってくるとスマホが外れやすくなってしまいます。

 

あまり値段が高い物でもないので、使い捨てのような感覚で使うと良いでしょう。
これも、最近は改善されて拭けば何度でも張り付くようになるシートのものなど様々な種類があります。

 

では、手帳型ケースに話を戻します。

 

手帳型ケース

 

機能面のメリットは、画面の保護がばっちりできるところです。

 

完全に覆えるのでガラケーのように画面が保護されます。

 

折るとスタンドのように立てられるものもあります。

 

デメリットは、単純に使いにくいところです。

 

サイズが大きくなるため握りにくく、特に電話がしずらくなります。